新・信長公記ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~

新・信長公記ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

Pocket

「新・信長公記ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしてまいります。

2022年7月にスタートするドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」が話題になっていますね。

有名な戦国武将のクローンたちが有名な不良高校に集まり、誰が一番強いヤンキーかを競う学園天下獲りエンターテインメントとなっていますよ。

今回はドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」がどんな最終回を迎えるのか、結末ネタバレやあらすじを紹介します。

結末の考察とともに感想も紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

 

新・信長公記ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察!

ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」は、甲斐谷忍氏が描いている漫画「新・信長公記~ノブナガくんと私~」の実写化になります。

ドラマは基本的に漫画に沿った内容になり、さらにオリジナルの設定や展開があると考えます。

戦国武将と聞くと、歴史が苦手な人は敬遠してしまうかもしれません。

しかし、「新・信長公記~ノブナガくんと私~」では歴史オタクのみやびが分かりやすく解説してくれるので、武将の個性なども分かりやすくなっていますよ。

ドラマにもみやびの解説は取り入れられていると思います。

では、最終回のあらすじを見ていきましょう!

 

最終回あらすじ①


2105年、”歴史上の名将たちが同じ時代に生きていたら、一番強いのは誰なのか”を知りたい戦国マニアの天才科学者が、戦国武将のクローンたちを生み出しました。

世界一と称される自分のクローン技術を使い、子供を望む女性たちにクローンを生ませたのです。

しかし、この事は公にされることはなく、都市伝説として語られていました。

公に知られずこの世に誕生していた武将たちは、全国各地でヤンキーとして名を馳せるようになります。

クローンたちが誕生した15年後の2120年、日本一の不良校である銀杏高校に多くのクローンが入学します。

織田信長のクローンも、そのうちの一人でした。

経営方針が変わって新たに理事長になった中林は、不良高校で有名な銀杏高校を進学校にしようと考えていました。

その手始めに、銀杏高校には特進クラスが新設されます。

信長を始め戦国武将のクローンたちは特進クラスに集められました。

しかし、そのクラスにはなぜか一人だけ普通の女子高生・日下部みやびがいます。

みやびは現役で難関大学に合格すれば、高校と大学の学費が免除されることが目的で入学していました。

母子家庭で育ったみやびは、少しでも母親を楽にさせたいと思っていたのです。

 

最終回あらすじ②


名簿を見たみやびは戦国武将の名前が並んでいることに驚きますが、みやびの母は偶然だと考えています。

実はみやびはこの時代にはめずらしい戦国オタクなので、名簿を見た時に武将たちの名前に気付いたのでした。

理事長はみやびの戦国に関する知識を利用して、学校改革を進めようと考えます。

そのため、みやびは進学クラスに在籍することになりました。

銀杏高校の総長は日本一のヤンキーとも言われるため、多くのヤンキーたちがその座を狙っています。

武田信玄を始め、上杉謙信、伊達政宗、豊臣秀吉と、そうそうたる武将たちが総長の座を狙う中、織田信長だけは興味を持たずマイペースに過ごしています。

そんな信長の様子を見た武将たちは「ただのバカだ」と見くびっていました。

相当の実力を持っている信長ですが、クローンの信長は歴史で知られている性格とはまったく違いました。

平和主義であり、戦うのは友達を守るためだけです。

周りから見くびられていた信長を動かしたのは、転校してきた頭脳明晰な徳川家康です。

 

最終回あらすじ③


家康が転校してきたことで学園最強を決める戦いが激化し、それまでの学園の平和が脅かされ始めました。

ついに信長が動き始め、学園内は腕の立つ織田信長派と頭脳明晰な徳川家康派に分かれます。

武力だけでなく、お互いに敵陣にスパイを送って戦いを優位に進めようという頭脳戦も加わり、熾烈な戦いが繰り広げられていました。

その戦いの中でようやく信長らしさが発揮され始め、これまで見せなかった冷酷さが見えてくる展開となっていきます。

黒田如水の作戦によって、信長は家康が送り込んだ5人のスパイを特定して暴いていきました。

一方の家康もやられてばかりではなく、双方とも相当のダメージを負っていきます。

ここで気になるのは織田信長派と徳川家康派それぞれに、誰がつくのかという点です。

漫画では信長には黒田如水、竹中半兵衛、伊達政宗たちがついています。

歴史では信長を裏切った明智光秀や信長の家臣だった豊臣秀吉は、どちらについているのでしょうか。

史実を元に分かれているのか、予想外な展開を見せるのかも注目ポイントになりそうです。

また、高校生である戦国武将たちの人間関係や恋愛事情なども気になりますよね。

「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」の最終回結末やネタバレあらすじ、感想は追記します!

 

新・信長公記ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ感想も!

織田信長派と徳川家康派の戦いとともに、結末がどうなるのかも考察していきます。

またドラマに寄せられた感想もお届けします。

 

結末考察

ドラマも漫画と同様に、信長が学園天下獲りを成し遂げるというのが結末となるはずです。

学園最強を決める戦いは、大将である織田信長と徳川家康の一騎打ちとなっていきます。

頭脳戦でスパイの正体を暴いた信長が家康に勝利し、学園最強の座を手にします。

さらにドラマオリジナルの展開として、クラス唯一の女子生徒・日下部みやびとの恋愛要素が入るのではないでしょうか。

例えば大将戦で勝った方がみやびとお付き合いできるとか、みやびが信長に告白するという、高校生らしい恋愛要素が入る可能性がありそうです。

また、戦いを通して友情が芽生えた武将たちが高校生活を楽しむ姿も見られるかもしれませんね。

漫画とは違って、学園天下獲りだけの結末で終わらないのではないかと考察します。

 

感想

 

スタート前からドラマに対する声がたくさんあがっていますね。

永瀬廉さんの出演を喜ぶ声がかなり多くありました。

織田信長を演じることだけでなく、アクションが見られることにも楽しみだと期待が寄せられていますよ。

また、学園天下獲りという設定に、面白そうという声がありました。

出演される方の名前を見るだけで期待できるという人もいて、スタート前にも関わらず盛り上がっていることが分かります。

永瀬廉さんを始め個性的なメンバーが揃っているので、ドラマのスタートがますます楽しみになりますね!

「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」の感想は追記します!

 

まとめ

「新・信長公記ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」はいかがでしたか?

ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」の最終回は、元となった漫画と同じ結末を迎えると思います。

それに加えて、ドラマオリジナルの展開もあるだろうと考察しました。

学園天下獲りとなっているので、高校生らしい恋愛要素が加わっても面白いでしょう。

個性的なメンバーが演じる戦国武将がどんなアクションを見せてくれるのかも楽しみのひとつです。

また、どんな最終回になるのかを自分なりに考えてみると、ドラマを違う目線で見られるかもしれませんね。

スタート前に寄せられた感想も紹介しましたので、感想を読みながらドラマへの期待を膨らませていきましょう!

「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」の最終回結末やネタバレあらすじ、感想は追記します!

-新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~