祈りのカルテドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

祈りのカルテ

祈りのカルテドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

Pocket

「祈りのカルテドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしてまいります。

2022年10月期の土曜ドラマが、「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」に決定しましたね。

「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」はカルテをもとに患者らの秘密を汲み取って、心を癒やすことにより病を治療していく医療ミステリーですよ。

研修医・諏訪野良太はどんな方法で患者らの心を開かせ、寄り添いながら問題を解決していくのか、気になるところですよね。

そこで、本記事では「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」の最終回あらすじや結末がどうなるのか、ネタバレ考察していきますよ。

ドラマに寄せられた感想もまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

 

祈りのカルテドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」は、知念実希人氏の小説「祈りのカルテ」「祈りのカルテ 再会のセラピー」が、ドラマ化されたものです。

知念実希人氏は、作家だけでなく、現役の医師でもあるんですよ。

そんな知念実希人氏の執筆した小説が原作ということで、リアルな医療現場の現状が期待できるはずですね。

まずは、あらすじを見ていきましょう!

 

1話あらすじ

研修医1年目の諏訪野良太(玉森裕太さん)は、純正医科大学附属病院に勤務しています。

良太の父親は、良太が幼い頃に病気でなくなりました。

その後、母親は銀行員の男性と良太が11歳の頃に、再婚します。

義父は、良太を実の子のように育ててくれました。

しかし、良太は嫌われないように義父に気兼ねし、息苦しさを感じて育ちます。

周囲の様子を見ながら良太は、「いい子」として生きてきました。

そのため、空気を読むことが得意な良太は、穏やかで周囲の人との付き合いも上手くこなしています。

医療で働くようになってからは、自分の適性を模索しながら、それぞれの科で研修医として働いていくようになります。

扱いにくい患者や、医者に背を向ける患者、さらにはその家族も良太にだけは、心を開いていくようになっていきます。

そして良太は、患者を一番に考えて寄り添いながら、ストレートに立ち向かっていきますよ。

 

最終回あらすじ

研修医として、良太は様々な科を回っていました。

そのところどころで、様々な患者との出会いがあったのです。

指導医は通常通りの診療業務を行なっているため、患者一人一人に細かく見て回る余裕はありません。

そんな中、良太は自分の特技を活かし、高いコミュニケーション能力で患者の心を読み解いてきたのです。

患者らに共通して言えるのは、皆が誰にも言えない秘密を抱えていて、その秘密を解き明かすことにより、良太は解決へと導いてきました。

そして、研修先でそれぞれ魅力のある指導医に出会ったことも、良太にとっては財産となっていったのです。

そんな良太ですが、同僚のほとんどが専攻する科を決めている中、まだどの科が自分の進むべき道なのかについて迷っていました。

循環器内科の研修医として勤務することになった良太はある患者に出会います。

その患者との出会いで、良太の進むべき道がはっきりと決まることになりました。

※ドラマ「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」の最終回のあらすじは追記します!

 

祈りのカルテドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

心に問題を抱えた患者の心を汲み取ることで、病を治してきた良太。

その良太が、今後自分にとって進むべき道が結末では描かれると考察します。

また、ドラマに寄せられた感想もまとめましたので、見ていきましょう!

 

結末考察

良太は、循環器内科で出会った患者の取った行動の真意を読み解き、感銘を受けます。

その行為は、世間を欺いてまで多くの命を救おうとし、自分の命も顧みずにとったものだったのでした。

自分の適性を模索していた良太ですが、自分の進むべき科を見つけることができたのです。

それは循環器内科でした。

良太自身も謎解きするだけでなく、患者から色々と学んだことを糧にして、医者として成長していったのです。

そして、個性的な指導医や同僚らに囲まれながら、これからも患者の心を読み解くことで、病を治していくのではないでしょうか。

結末では研修医から、立派な循環器内科医としての良太が見れるはずです。

※ドラマ「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」の結末は追記します!

 

感想

原作ファンの方からの、ドラマ化を喜ぶ声が寄せられました。

良太の心理描写がどう表現されるのか、玉森裕太さんに注目したいですよね。

今回ドラマ化されることになったこで、これから小説を読んでみようという方もいらっしゃいました。

ドラマを予習することで、さらに「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」を楽しむことができるはずです。

玉森裕太さんのドクター姿を期待する声がたくさん寄せられています。

色白のビジュアルが、心理描写を読む解く諏訪野良太のイメージにピッタリではないでしょうか。

玉森裕太さんの白衣姿に、毎回大きな反響が寄せられそうですね。

ドラマ化が発表された直後から、「絶対に見る!!」と言った期待の声がたくさん寄せられています。

この秋ドラマの大きな話題になりそうな作品と言えそうですね。

※ドラマ「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」の感想は追記します!

 

まとめ

ドラマ「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」の最終回のあらすじや結末をネタバレ考察しましたが、いかがでしたでしょうか。

良太の探偵顔負けの推理力が、ドラマ「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」の見所の一つです。

そして、良太により救われた患者らのこれからにも注目していきたいですね。

続編が期待できる最終回になると、考察します。

寄せられた感想も照らし合わせながら、ドラマを楽しみましょう!

以上、「祈りのカルテドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」でした。

※ドラマ「祈りのカルテ~研修医の謎解き診察記録~」の最終回あらすじや結末、感想は追記します!

-祈りのカルテ