霊媒探偵・城塚翡翠ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

霊媒探偵・城塚翡翠

霊媒探偵・城塚翡翠ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

Pocket

「霊媒探偵・城塚翡翠ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」をお送りします。

2022年10月期の日本テレビ新日曜ドラマが「霊媒探偵・城塚翡翠」だと発表されましたね。

人気小説のドラマ化とあって、発表直後から高い関心が寄せられています。

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」は、霊能力者である城塚翡翠と、ミステリー作家の香月史郎の出会いから話が始まります。

そこで今回はドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」の最終回や結末とともに、ネタバレ考察していきます。

あわせてドラマに寄せられた感想もお届けしていきますよ!

 

霊媒探偵・城塚翡翠ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠(じょうづかひすい)」は、小説家・相沢沙呼さんの「medium 霊媒探偵城塚翡翠」の初の実写化となります。

ふたりが遭遇する騒動を、翡翠の霊能力と香月の推理で解決していく様子が描かれていますよ。

一緒に騒動を解決してきた霊能力者とミステリー作家が、最終回でどんな結末を迎えるのか気になりますよね。

早速、各話と最終回のあらすじをチェックしていきましょう!

 

1話あらすじ

城塚翡翠(清原果耶さん)は裕福な家庭に育った、世間知らずの帰国子女です。

翡翠は自分の霊能力を活かして、無償で困っている人を救ってきました。

友人の千和崎真は翡翠とともに暮らしながら、仕事のパートナーとして、世間知らずの翡翠を助ける存在です。

ミステリー作家の香月史郎は、推理力が買われて警察の捜査にも協力しています。

そんな香月は、心霊現象に悩んでいる後輩から相談を受けました。

知人から紹介された翡翠を、悩む後輩を連れて訪れます。

翡翠と話したことで表情が少し明るくなった後輩でしたが、自宅で何者かに命を奪われてしまいました。

その後輩を発見したのは、もう一度話を聞くために訪ねてきた香月と翡翠でした。

香月は相談を受けながら、救えなかったと悔やみます。

その一方で、翡翠は霊能力によって、すぐに犯人を特定してしまいました。

しかし、霊能力だけでは証拠にならないため、香月の理論的な推理と合わせることで、警察が納得する推理となったのでした。

以前から香月にアドバイスを求めている刑事の鐘場正和は、その推理を頼って相談を持ちかけました。

それは現場などに証拠を一切残さず、巷を震撼させている連続で起こっている騒動についてでした。

手がかりがなく捜査が行き詰っていた警察は、翡翠の霊能力で何か手がかりがつかめないかと考えたのです。

香月の相談をきっかけに、翡翠は騒動の解決に尽力することになっていきます。

 

最終回あらすじ

翡翠は遭遇した騒動の真相を霊能力で暴き、香月がその結果に基づいて理論的に説明してきました。

そして、翡翠が霊能力で暴いた通りの真相だったことで、警察の信頼を確実に得ることになります。

ついに連続で騒動を起こしている犯人に迫っていく翡翠ですが、その結末は驚くべきものでした。

これまで連続で騒動を起こしていた犯人は、翡翠とともに推理をしてきた香月だったのです。

香月は翡翠に出会った直後から、自分の理想の女性そのものだと心奪われていました。

一緒に行動することで警戒心をなくし、自分の狙いを遂行しようと考えます。

翡翠は香月が犯人で自分が狙われていると気付いてしまいます。

そこで香月に気付かれないよう、密かに警察と連携を取っていました。

そして、香月の思惑にハマったように見せかけて、警察の逮捕に至るようにさせることに成功します。

気付かれていないと思っていた香月は、警察が現れて逮捕されたことに驚くばかりでした。

逮捕された香月は、翡翠の驚くべき事実を知って愕然とするのでした。

※ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」のあらすじは追記します!

 

霊媒探偵・城塚翡翠ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

小説には「すべてが伏線!」という触れ込みがついていますが、ドラマでもその触れ込みのままなのでしょうか。

また、ドラマの最終回は小説と同じ結末になるのかも気になるポイントです。

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」の結末を考察していきましょう!

 

結末考察

小説では翡翠に霊能力はなく、超人的な観察力と推理力によって真相を見破っているという結末を迎えています。

仕事のパートナーである真も、陰で翡翠の推理を裏付けるために尽力していることが明かされていました。

ドラマの最終回も小説に沿った展開になるはずですね。

小説の展開に沿うだけではなく、ドラマならではのオリジナルストーリーが組み込まれるのではないかと考察します。

香月がなぜ犯行を重ねていったのかを翡翠が推理し、その内容を恐れる香月の姿をドラマならではの見せ方をしていくことも出来ますよね。

小説の結末を知っている人も驚いてしまうような、ドラマのオリジナル展開を期待します!

※ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」の結末は追記します!

 

感想

「霊媒探偵・城塚翡翠」がドラマ化されることに、期待の声がたくさん届いていますね。

あの世界観をどう実写化するのかという、不安が混じった期待の声もありました。

小説の表紙の城塚翡翠に扮した清原伽耶さんには、再現度がすごいと驚く声も寄せられていますよ。

小説を読んだ時の衝撃がすごかったという人もいて、ますますドラマへの期待が高まってしまいますね!

※ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」の感想は追記します!

 

まとめ

ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」の最終回のネタバレとともに、結末の考察をしてきました。

最終回は小説に沿った展開だけでなく、ドラマのオリジナルストーリーもあるのではないかと考察します。

もともと小説の世界観があるため、それを壊さない程度になるはずです。

ドラマ化発表直後の感想には、ドラマの元になっている小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」のファンから、期待の声があがっていました。

これからまだまだ情報が増えてきますが、スタート前から盛り上がる予感がしますよね。

スタート後にはドラマへの感想を紹介しますので、こちらもぜひチェックしてください!

以上「霊媒探偵・城塚翡翠ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしてまいりました。

※ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」の最終回の結末、ネタバレ、感想は追記します!

-霊媒探偵・城塚翡翠