アトムの童最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

アトムの童

アトムの童最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

Pocket

今回は「アトムの童最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」をお届けします。

2022年10月期のTBS日曜劇場が、山崎賢人さんが主演を務める「アトムの童(こ)」だと発表されました。

ドラマ「アトムの童」は現在のゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者が逆境を乗り越えながら、”ものづくり”のプライドをかけて大企業に立ち向かっていくというオリジナルストーリーです。

そこで「アトムの童」の最終回のあらすじやネタバレとともに、どんな結末を迎えるのか考察していきます。

また、ドラマに寄せられた感想も紹介しますので、「アトムの童」が気になる方はチェックしてしてくださいね!

 

アトムの童最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

ドラマ「アトムの童」では若き天才ゲーム開発者が逆境を乗り越えながら、”ものづくり”のプライドをかけて大企業に立ち向かっていきます。

天才ゲーム開発者はなぜ大企業に立ち向かっていくのでしょうか。

また、彼を襲った逆境とは何だったのかなど、気になることがたくさんありますね。

現在のゲーム業界や業界事情について知ることも出来そうなドラマですよね。

まずは最終回あらすじのネタバレとともに、結末を考察していきましょう。

 

最終回あらすじ①

通称「インディー」と呼ばれる安積那由他(山崎賢人さん)は、若き天才ゲーム開発者です。

ジョン・ドゥという名前で正体を明かさずに活動していたことから、「ゲーム業界のバンクシ―」と称されていました。

しかし、あることをきっかけにゲーム開発から離れて暮らしています。

そんな彼を老舗玩具メーカーのアトムが探していました。

アトムは廃業危機に陥り、経営再建のためにゲーム制作に参入しようとしていたのです。

ただ、ゲーム制作のノウハウを持たないアトムは、「ゲーム業界のバンクシ―」である那由他とコンタクトを取ろうと奔走します。

那由他が正体を明かしていなかったため、連絡が取れる人が見つからず、アトムの経営陣は頭を抱えます。

なぜアトムは那由他と連絡を取りたがっているのでしょうか。

実はアトムは大企業から経営統合の話を持ちかけられていたのです。

 

最終回あらすじ②

経営統合とはいうものの、条件は実質的な企業買収でした。

それを回避するために、新事業のゲーム制作で経営を立て直そうと考えたのです。

「ゲーム業界のバンクシ―」に頼ることを考えたのは、商品開発部の社員でした。

その社員は那由他の作ったゲームをプレイしたことがきっかけで、おもちゃ業界を目指しました。

もし「ゲーム業界のバンクシー」に協力してもらえたら、会社を立て直せると提案したのです。

その提案を聞いた多くの社員は、連絡先も分からないのに無理だと反対しました。

少しでも可能性があるならやってみようと、経営陣が動き出します。

しかし、那由他と連絡を取る方法すら掴めず、途方に暮れてしまいました。

そんな時、アトムに連絡が入り、那由他の方からゲーム制作に協力すると申し出ます。

アトムの経営陣は驚きながらも、その申し出を受け入れました。

 

最終回あらすじ③

那由他がアトムに協力を申し出たのは、アトムを経営統合しようとしている大企業と戦うためでした。

実は「ゲーム業界のバンクシー」と呼ばれた那由他がゲーム開発から離れるきっかけを作ったのが、その大企業だったのです。

アトムにゲーム制作の協力をしながら、那由他は大企を見返す方法を考えていました。

もしこれが成功すれば、大企業が仕組んだことが明るみに出て、那由他は再びにゲーム開発に携わることができるようになるのです。

アトムの制作したゲームをヒット作にするため、様々なアイデアを提案していきました。

アトムの担当社員たちも那由他の熱意とアイデアに触発されて、ゲーム制作は順調に進んでいきます。

そして、いよいよアトムの作ったゲームの発売日を迎えました。

予約の数が多かっただけにとどまらず、発売後は高い評価の口コミが広まって、瞬く間にヒット作の仲間入りを果たすことになったのです。

※ドラマ「アトムの童」の最終回あらすじは追記していきます!

 

アトムの童最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

玩具メーカーのアトムと那由他は、無事に成功を収めることができるのでしょうか。

ドラマ「アトムの童」の結末とともに、ドラマに寄せられた感想を紹介していきます。

 

結末考察

最終回では那由他がアトムとともに開発したゲームがヒット作になるという展開になるでしょう。

そして、ヒット作になったことから開発者の那由他が注目され、過去の大企業が絡んだ出来事も再注目されるのではないでしょうか。

大企業は那由他のゲームに関するアイデアを横取りした上、那由他にアイデアを盗まれたと騒ぎ立てたのかもしれません。

盗作疑惑をかけられた那由他は仕事が激減し、ゲーム業界に嫌気がさして開発を辞めてしまったのだと考察します。

アトムとの共同開発でヒット作を生み出したことがきっかけになって、過去の出来事を見直す動きが生まれるのでしょう。

そして、那由他の盗作疑惑は大企業によるものだと判明して、那由他がゲーム開発に戻るという結末になると思います。

那由他がなぜ大企業と戦うのか、その理由に注目したいですね!

※ドラマ「アトムの童」の結末は追記していきます!

 

感想

スタート前から、たくさんの期待する声が寄せられています。

久々の地上波でのドラマ出演を喜ぶ声も、増えてきていますよ。

以前日曜劇場「陸王」に出演されていたこともあって、日曜劇場でまた見られて嬉しいという人も多くいました。

ドラマのスタート前に、番宣で様々な番組に出ることへの期待も高まってきています。

ドラマのタイトルから山下達郎さんの「アトムの子」を思い浮かべたという声もあり、タイトルの持つインパクトが分かりますよね。

久々に地上波で山崎賢人さんの演技が見られる10月のスタートが待ち遠しいですね!

※ドラマ「アトムの童」の感想は追記していきます!

 

まとめ

「アトムの童最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」はいかがでしたか?

ドラマ「アトムの童」では天才ゲーム開発者の那由他が大企業と戦うことはハッキリしています。

そこで那由他は大企業にアイデアを横取りされてしまったのではないかと考察しました。

小さな玩具メーカーとゲームを開発することで、大企業の行いを暴いていくという展開になるのではないでしょうか。

オリジナルストーリーのため、スタート前に展開を予想することは難しいですよね。

自分なりに展開を考えてみると、違った楽しみ方ができると思います。

ドラマに寄せられた感想も紹介していますので、そちらも合わせてお楽しみくださいね。

※ドラマ「アトムの童」の最終回のあらすじや結末、感想は追記していきます!

-アトムの童