今はちょっとついてないだけ映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

今はちょっと、ついてないだけ

今はちょっとついてないだけ映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

Pocket

「今はちょっとついてないだけ映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!」と題してお届けしていきます。

伊吹有喜さんの小説、「今はちょっとついてないだけ」が映画化されることになりました。

人生に迷いを感じている人々がシェアハウスに集まり、周りの環境や自分の経験を経て、次の一歩を踏み出していくという物語になっています。

原作を読んだことがある人は、映画と原作のラストや違いが気になりますよね。

今回は、原作のラストを元に映画の結末をネタバレ考察していきましょう。

 

今はちょっとついてないだけ映画結末ネタバレ!

映画「今はちょっと、ついてないだけ」は、挫折をした人々が集まってくるシェアハウスで繰り広げられる人間模様を描いた作品になっていますよ。

このシェアハウスの中には、かつてスターカメラマンだった立花浩樹(玉山鉄二さん)や人付き合いが苦手で美容サロンをリストラされてしまう美容師の瀬戸(深川麻衣さん)も住んでいます。

このシェアハウスで過ごす時間の中で、それぞれが「心より欲しているものは何か」を見つめなおしていきます。

また、浩樹の母の「今はちょっとついてないだけ。そのうちいい運がやってくるよ」という一言に背中を押され、次の一歩を踏み出す勇気をもらえる物語にもなっています。

created by Rinker
¥682 (2021/09/21 19:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

原作ネタバレ①

バブル時代に人気の写真家だった立花浩樹は、ブームが過ぎ世間から忘れられ事務所の社長の借金を返すために長い間働いてきました。

カメラを捨て、すべてを失なった立花は「人生で本当に欲しいものとはなんだったのか?」と自分に問う毎日が続きます。

やっと借金の返済が終わり、時間をつぶしながら入院している母親のお見舞いに毎日通っていました。

そこで入院中の母親の友達である宮川静枝が退院することになり、静枝が立花に写真を撮ってほしいとお願いし何気なく携帯で撮ってあげます。

その静枝の写真が思いのほかよく撮れていて、カメラから離れていたものの、やはり自分はこういったことが好きだと再認識しました。

 

原作ネタバレ②

病院を退院した立花の母親は、施設で暮らしますが次第に具合が悪くなり、亡くなってしまいます。

生前、立花は母親から手紙をもらい、そこに励ましのメッセージと母親が言ってくれた、「今はちょっとついてないだけ。そのうちいい運がやってくるよ」という言葉を胸に東京でまた再チャレンジすることを決めました。

東京に出てシェアハウスで暮らすことになり、そこには以前病院で親交のあった宮川静枝の息子も住むことになりました。

宮川自身も、バブル期にテレビのプロデューサーとして働いていたこともあり、当時をまだ引きずっています。

立花と宮川はお互い人生に躓き、これからまた次の一歩を踏み出そうと励ましあいながら生活していきます。

created by Rinker
¥400 (2021/09/21 19:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

原作ネタバレ③

またシェアハウスには立花と宮川のほかに、たくさんの美容資格を持ちながらも人付き合いが苦手でリストラされてしまった美容師、瀬戸が住み始めます。

ひょんなことから、写真家の立花とプロデューサーの宮川、美容センスがある瀬戸の3人でチームを組みスタジオで新しい作品を撮りにいくことになります。

彼らはシェアハウスでの暮らしや自分の過去と向き合い、経験を通してまた次の一歩を踏み始めました。

それぞれが自分の持ち前のスキルを最大限に発揮し、人生の再スタートに向かって動き始めます。

 

今はちょっとついてないだけ映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

原作のラストと映画のラストにはどんな違いがあるのでしょうか?

原作を元に作られた場合のラストと、映画のラストの違いを考察として紹介していきます。

シェアハウスの住人それぞれが人生に挫折しながらも前向きな気持ちでつながっていくことで生まれた信頼関係が元になり、人生の再スタートを切ります。

そして、アウトドア系の映像コンテンツを制作していく仕事仲間になるんです。

小さなきっかけから徐々に親睦を深め、一致団結して前を向いていくという物語になっています。

created by Rinker
モノセンス株式会社
¥1,331 (2021/09/21 19:13:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

ラストの違いは?

原作のラストは、シェアハウスに集まった仲間たちが人生の再スタートをきるためにもう一度奮闘していくところで終わります。

そして主人公の立花は、自分のやりたかったこと、心から欲しているものに気づきました。

映画では、以前の自分よりさらに飛躍した、スターカメラマンと呼ばれていた頃のように活躍している姿が映し出されてハッピーエンドになるのかもしれませんね。

また、プロデューサーの宮川は以前離婚しており人生の再スタートをきるためにシェアハウスに住み始めました。

原作のラストでは、宮川のこれからについて詳しく書かれていません。

しかし、映画のラストではいろいろな出会いを通し自分を見つめなおした結果、いい人と巡り合い再婚するという未来まで描かれるかもしれませんね。

 

まとめ


「今はちょっとついてないだけ映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!」と題してお届けしてきました。

映画「今はちょっとついてないだけ」は、周りの優しい時間や自分と関わる人々の言葉をきっかけに、自分の大切なものかは何かを気づくことができるという物語になっています。

原作の結末を読む限り、背中を押されたような勇気づけられる作品になっていますね。

映画と原作のラストをネタバレし、また違いも考察してきました。

原作を知っている人は映画を見て、どのような違いがあるのか注目してみてくださいね!

-今はちょっと、ついてないだけ

© 2021 ベルーチェ Powered by AFFINGER5