収容所から来た遺書映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

収容所から来た遺書

収容所から来た遺書映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

Pocket

「収容所から来た遺書映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!」と題してお届けします。

捕虜としてソ連軍に捕らえられたある日本人の半生が綴られた映画「収容所から来た遺書」のロードショーが発表されました。

主人公は絶対的な演技力を持つ二宮和也さんが演じられますよ。

生きることへの希望を諦めなかった、実在する人物をどのように演じるのか早くも注目度の高い作品です。

今回は映画「収容所から来た遺書」のネタバレをご紹介していきます。

また、原作の結末ラストとの違いも考察していきますよ

すでに原作をチェックした方も、そうでない方も是非とも最後までご覧ください!

 

収容所から来た遺書映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

映画「収容所から来た遺書」は、辺見じゅんさんによるノンフィクション小説「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」を原作として製作されています。

敗戦直後、捕虜としてソ連軍に捕らえられた40万~60万人の日本人が、シベリアへ抑留されました。

その中の一人、山本幡男という人物が二宮和也さんが演じる「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」の主人公です。

この小説は当時の過酷な生活状況や捕虜たちの心情を鮮烈かつ詳らかに表現し、読者の心を揺さぶった珠玉の作品なんですよ。

それでは、そのあらすじを見ていきましょう!

 

あらすじ①

太平洋戦争中、山本はロシア語が堪能だったことで大連にある満州鉄道で翻訳家として勤務していました。

妻との間には4人の子供に恵まれ、幸せな日々を過ごしていたのです。

けれど、昭和20年の敗戦がきっかけとなりその幸せな日々は一変しました。

なんと山本は身に覚えのないスパイ罪で20年の強制労働の刑を下されてしまったのです。

そしてそのまま「白い地獄」と呼ばれていたシベリアへと送られてしまいます。

いつ帰国できるのか、なぜ捕らえられてしまったのかも分からず日本人捕虜たちは極寒の中、バム鉄道完成のため強制労働をさせられました。

「生きてれば、かならず帰れる日がありますよ」「ぼくたちはみんなで帰国するのです。その日まで美しい日本語を忘れぬようにしたい」そう言って仲間を励まし続ける山本がいました。

彼は、愛する家族のために、「ダモイ=帰国」という言葉を待ち続けたのでした。

 

あらすじ②

昭和23年、ついに山本は帰国できることになります。

日本に向かう船に乗船するため、列車で港に向かうことになりました。

けれど、帰国船まであと1日というところで列車は突然ソ連兵によって停車させられます。

ソ連兵は名前が書かれている者はここで降りるように命令し、山本に名簿を渡します。

恐る恐る開いたその名簿には、山本の名前が記されていたのです。

その後理不尽な裁判にかけられた山本は、今度は捕虜ではなく戦犯へと仕立て上げられたのです。

日本への引き上げは打ち切られ、今度は戦犯としてハバロフスクで過ごすこととなりました。

その地で山本は、希望を失わないよう仲間たちとアムール会という句会を開催しました。

日本語が書かれてあるのもは没収されるので、地面に文字を書いては消してを繰り返し句を楽しんだのです。

そんな中、昭和29年に山本は病に倒れてしまいます。

収容所でろくに手当てもされなかった山本は末期のガンの冒されていたのです。

 

あらすじ③

 

 

 

小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』は、第二次世界大戦終了後、不当に抑留され捕虜となった日本人の強制収容所(ラーゲリ)において、生きることへの希望を捨てなかった男・山本幡男(やまもとはたお)を描いた作品。当時の過酷な収容所生活を鮮烈に、虐げられ続けた日本人捕虜の心情の機微を繊細かつ詳らかに表現し、読者の心を揺さぶる珠玉のノンフィクション作品となっている。

原作者は、『男たちの大和』で新田次郎文学賞を受賞した女性作家・辺見じゅん。関係者への丹念な聞き取りを元に構成されるノンフィクション作品で高い評価を受けている。

そんな辺見の作品の中でも、発行部数20万部を超えるベストセラー『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』が実写映画化。引用: ファッションプレス (fashion-press.net)

 

第二次大戦後の1945年。そこは零下40度の厳冬の世界…。わずかな食料での過酷な労働が続く日々。死に逝く者が続出する地獄の強制収容所(ラーゲリ)に、その男・山本幡男は居た。「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます。」絶望する捕虜たちに、山本は訴え続けた―

劣悪な環境のラーゲリでは、日本人同士の争いも絶えなかったが、山本はどんな環境にあっても分け隔てなく皆を励ました。そんな彼の仲間想いの行動と信念は、次第に凍っていた日本人捕虜たちの心を溶かしていく。山本はいかなる時も日本にいる妻や4人の子どもと一緒に過ごす日々が訪れることを信じていた。

終戦から8年が経ち、山本に妻からの葉書が届く。厳しい検閲を潜り抜けたその葉書には「あなたの帰りを待っています」と。女手一つで子どもたちを育てている妻を想い、涙を流さずにはいられなかった。誰もがダモイの日が近づいていると感じていたが、その頃には、彼の体は病魔に侵されていた。体はみるみる衰えていくが、家族と会うことを決してあきらめない山本。そんな彼を慕うラーゲリの仲間たちは、厳しい監視下にありながらも、山本の想いを叶えようと思いもよらぬ行動に出る―引用: ファッションプレス (fashion-press.net)

 

収容所から来た遺書映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

 

原作との違いは?

 

 

まとめ

ネタバレを紹介しながら原作とのラストの違いを考察してみましたがいかがでしたか?

映画のロードショーがますます楽しみになってきましたね!

以上、「収容所から来た遺書映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!」と題してお届けしました。

-収容所から来た遺書

© 2021 ベルーチェ Powered by AFFINGER5