収容所から来た遺書映画ロケ地撮影場所の病院どこ?目撃情報も紹介

収容所から来た遺書

収容所から来た遺書映画ロケ地撮影場所の目撃情報は?エキストラ募集情報も!

Pocket

今回は「収容所から来た遺書映画ロケ地撮影場所の目撃情報は?エキストラ募集情報も!」と題してお送りします。

2022年上映予定の映画「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」は、シベリアで起こった実話が基になっています。

二宮和也さんが主演ということでも注目を集めていますが、エキストラ募集情報から新潟県の苗場で撮影が行われていた事が分かりました。

今回は、映画に登場するロケ地・撮影場所をリサーチしました。

あわせて目撃情報も紹介しますので、ロケ地巡りの参考にしてくださいね!

 

収容所から来た遺書映画ロケ地撮影場所どこ?エキストラ募集情報も!

映画「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」は、関係者からの聞き取りを基に構成された小説「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」の実写映画化です。

第二次世界大戦終了後に不当に抑留され、日本人の強制収容所(ラーゲリ)で生きることへの希望を捨てなかった男・山本幡男(やまもとはたお)について描かれています。

撮影期間は2021年10月下旬~2022年1月中旬と予定されていました。

 

収容所から来た遺書エキストラ募集情報

映画「収容所から来た遺書」のエキストラ募集情報は次の通りです!

  • 新潟県湯沢町…2021年11月1日(月)5:00~6:00集合17:00終了

この時の募集では、「1945年ごろ収容所で生活する日本人」として18歳以上60歳以下、(なるべく細身・中肉の)男性40名という募集でした。

「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」の撮影が新潟県南魚沼郡湯沢町で行われていたことが、エキストラ募集から分かりました。

では、実際に撮影が行なわれたのはどこなのか、詳しく見ていきましょう!

 

湯沢町 新潟県南魚沼郡湯沢町

エキストラが参加した撮影は、11月と12月に湯沢町で行われていました。

エキストラは男性限定の募集で、収容所で生活する日本兵となっていました。

すでに初雪が観測されていた時期なので、日本兵たちがシベリアの冬の寒さに耐えるシーンが撮影されたのではないでしょうか。

詳細な場所はリサーチ中ですが、スキー場などを貸し切っての撮影という可能性がありそうですね。

住所:新潟県南魚沼郡湯沢町

 

ワープステーション江戸 茨城県つくばみらい市太田

エキストラ募集からワープステーション江戸で撮影が行なわれたことが分かりました。

こちらではセットが組まれて、当時の満州・ハルピンの街が再現されました。

ハルピンの街並みでは、どんなシーンの撮影が行われたのでしょうか。

住所:茨城県つくばみらい市南太田1176

 

みなかみ町 群馬県利根郡みなかみ町

みなかみ町でも撮影が行なわれていて、収容所で生活する日本兵のエキストラ募集がありました。

詳しい撮影場所はリサーチ中ですが、スキー場を利用して撮影されたのかもしれませんね。

住所:群馬県利根郡みなかみ町

 

収容所 越後屋神立小学校スタジオ 新潟県南魚沼郡湯沢町

収容所の撮影には、越後屋神立小学校スタジオが使われているかもしれません。

山が近くにあるので収容所の雰囲気が出せ、教室などを収容所内に見立てることが可能です。

駐車場もあり、セットを組むことも可能なスタジオとなっています。

湯沢町での撮影は2ヵ月前後行われていたようなので、スタジオなどを借りていた可能性は高いですね。

病院のシーンも撮影されていたかもしれませんね。

住所:新潟県南魚沼郡湯沢町神立2548

 

墓地 横浜外国人墓地 神奈川県横浜市中区

山本幡男が眠るシベリアの墓地は、横浜外国人墓地で撮影されるのではないでしょうか。

妻子が墓参をするのであれば、異国を感じさせる必要がありますよね。

こちらではこれまでにも多くの作品の撮影が行なわれています。

住所:神奈川県横浜市中区山手町96

 

港 伏木港 富山県射水市庄西町

シベリアからの船が到着した港には、富山県にある伏木港が使われるかもしれません。

船が帰って来た時期が冬であれば、寒さの厳しい地域がロケ地に選ばれるはずですね。

住所:富山県射水市庄西町2丁目4

「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」のロケ地、撮影場所が分かり次第、追記します!

 

収容所から来た遺書映画ロケ地撮影場所の目撃情報は?

過酷だと想像される「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」の撮影は、どこで行われているのか気になりますね。

目撃情報を見ていきましょう。

 

目撃情報は?

2021年11月初旬に新潟で映画のエキストラに参加された方がいらっしゃいました。

11月1日から新潟での撮影が始まっていたので、「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」の撮影なのではないでしょうか。

二宮和也さんを間近で見たというエキストラの方もいたようなので、可能性はかなり高いですね!

「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」の目撃情報が入り次第、追記します!

 

まとめ

二宮和也さん主演映画「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」のロケ地、撮影場所とともに、目撃情報も紹介しました。

新潟県での撮影は、かなり厳しい環境で行われていたことが分かりましたね。

特殊な環境が舞台の物語のためか目撃情報は少なく、人通りのあまりない場所での撮影だったのだと思われます。

ロケ地・撮影場所とともに、目撃情報も引き続きリサーチを行います。

新たな情報が入りましたら追記していきますので、チェックしてくださいね!

以上、「収容所から来た遺書映画ロケ地撮影場所の目撃情報は?エキストラ募集情報も!」をお送りしました。

-収容所から来た遺書