ナンバMG5ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

ナンバMG5

ナンバMG5ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!

Pocket

今回は「ナンバMG5ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けします。

昭和の匂いがすると話題になっている間宮祥太朗さん主演のドラマ「ナンバMG5」は、ヤンキーマンガ「ナンバMG5」のドラマ化です。

「ナンバMG5」では剛の高校生活を中心に、男の友情や恋愛などが描かれています。

今回はドラマ「ナンバMG5」の最終回のあらすじをネタバレでお届けし、結末の考察と感想もあわせてまとめていきます!

 

ナンバMG5ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ考察!

ドラマ「ナンバMG5」の原作は、2005年から2008年に「週刊少年チャンピオン」で連載された小沢としおさんによる同名のマンガですよ。

マンガは18巻で完結していて、「ナンバデッドエンド」と言う続編があり、ドラマ版ではこの2作品を元に物語が描かれていきます。

今回はドラマの最終回のあらすじを考察していきます!

 

最終回あらすじ①

難波剛の友人である、五代直樹は都内の高級マンションに住むお金持ちです。

料理研究家として有名な直樹の母は多忙で、ふたりの夏休みが合いそうにありません。

直樹は母親のリゾート地の別荘でゲームしたりマンガでも読んで、のんびり過ごす事を剛と同級生の大丸に伝えました。

剛と大丸はすっかり連れて行ってもらえると思い大喜びしますが、直樹に交通費は自己負担であると言われてしまい諦めます。

しかし、剛は最近車を買ったばかりの兄の猛(たける)にお願いして、車を出してもらう事を提案しました。

車に乗ってリゾートに向かったのは、直樹、剛、猛、大丸と難波家の番犬の松です。

4人と1匹は早速、海で遊ぼうとしましたが、突然地元のヤンキー達から文句を言われてしまいました。

しかし剛らは、あっという間にヤンキー達を追い返し、楽しく遊び始めます。

その様子を陰から見守る怪しい二人組が居ました。

 

最終回あらすじ②

剛らは別荘で、マンガやゲーム、海でも散々遊び倒します。

そして、お金が無くなってきた兄の猛はある事をかんがえました。

森で人気の「オオクワガタ」を捕まえて、それを売ってお金にしようと考えます。

その頃、剛は絵を描くための素材として携帯に海辺の夕日を収めていました。

そこへ陰から見ていたあの謎の二人組がやってきて、突然剛の携帯を奪ったのです。

しかし、腕に自信のある剛は余裕で携帯を取り返してしまいました。

二人組はすっかり戦意を失い、実は絡んだ事には理由があると話し始めたのです。

謎の二人組は名前を名乗り、”アキ”と”マス”と言う人物だと分かりました。

その二人によると、以前この街は「大森」と言う男がいて、その大森によって街は均衡を保っていたそうです。

しかし、その大森が女性と共に街を出て行ってから治安が悪くなってしまったのでした。

 

最終回あらすじ③

現在、街では「金町派」と「倉田派」と言う派閥が存在していて、日々争っていたのです。

そして、剛たちの腕を見込んで倉田派の助っ人になって欲しいと頼んできました。

しかし、大丸以外はあまり興味がない様子でした。

ところが翌日、防波堤で大丸と難波家の愛犬の松が誰か海に落とされてしまったのです。

倉田派のメンバーになるのでは、と言う噂を聞きつけた金町派がしたことでした。

愛犬も海に落とされた事を知り、流石の猛も怒り心頭で、剛に問題を片づけろと言いました。

弟にすべてを任せた猛は、ふたたびびクワガタ採集に向かいます。

神社に呼び出された剛と大丸は、アキとマスを通して倉田派のリーダーに会う事になったんです。

猛はその神社の木の上でちょうどクワガタ採集をしていたので、木の上から見物する事にします。

神社にはタイミングよく金町派のメンバーが到着し、バトルが始まってしまいました。

しかし、大丸はあっという間に倒していきます。

木の上からその様子を伺っていた猛でしたが、剛がなにもしないのが気になりました。

剛は大丸を抑えて、この抗争が「下らない事だ」と言いはなったのでした。

 

最終回あらすじ④

「自分の友達より、強さを証明する事が大事なのか?」と問う剛に、そこにいたメンバーが静まり返ります。

それを聞いていた兄の猛は、いよいよ我慢が出来なくなります。

猛は木から飛び降り、そこで「金町派」と「倉田派」のリーダーもろともKOしました。

ついに、兄の猛に”自分の本心”を聞かれてしまった剛は焦ります。

ちょうどそこに直樹が松の散歩に現れ、ランチをご馳走するという機転を利かせて、猛の機嫌をとろうとしました。

そのタイミングで現れたのが、街を去ったと言われていた「大森」です。

大森はかつての部下たちが、正体不明のヨソモノ達とバトルし、劣勢だと聞きつけやって来たのでした。

ところが、大森はなぜか猛を見るなり叫んで逃げてしまいます。

その後、猛は捕まえた「クワガタ」を、大森や倒した街のヤンキー達にどんどん売り捌いていきました。

実は大森とその側近達は以前、猛に絡んで返り討ちに遭い、「交通事故にあった」と嘘をついて入院していたのです。

大森にとっての”恐怖の象徴”である猛のご機嫌をとるのは、当たり前の事だったのです。

ドラマ「ナンバMG5」の最終回ネタバレあらすじは、追記していきます。

 

ナンバMG5ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ感想も!

ドラマ「ナンバMG5」のドラマ最終回結末のネタバレあらすじを考察していきます。

また、ドラマに対する感想もお届けしていきますね!

 

結末考察

猛は剛がここ最近、ヤンキー仲間と距離を置いている事や、昔の様な鋭い顔つきでは無くなっている事が気になっていました。

しかし、剛は家族に内緒でヤンキー高校ではなく、普通の白百合高校に通っている事実を伏せたまま、「なにも変わっていない」と嘘をつきます。

その言葉を聞いて、兄の猛は笑顔で伝えるのを止める事にしました。

ふと、剛は子供の頃に兄と花火大会へ行った時の事を思い出します。

人混みでまだ小さかった剛は花火が見えなかったのですが、兄がその剛を肩車してくれた思い出です。

剛は「兄ちゃんには花火が見えていたのか?」と聞きます。

兄の猛は、「バリバリ見えていた」と答えるのですが、それを聞いて剛は「兄ちゃん、嘘が下手だな」と言ったのでした。

ドラマ版では兄の猛は剛の学校の秘密を知っていながら、あえて知らないふりをするのかもしれません。

もしかしたら、兄の猛が剛の気持ちに薄々気付いている可能性もありそうですね。

少し風変わりで過激な難破家ではありますが、主人公の剛にとって掛け替えのない存在である事は確かですよね!

ドラマ「ナンバMG5」の最終回のあらすじや結末は、追記していきます。

 

感想

剛と関口の友情に涙した方も多かったことでしょう。

関口のセリフが胸を打ったという声も多くあがっています。

また、関口を演じた岩男海史さんの演技の評価が高く、見ていた人たちの心に響いたことが分かりますよね。

笑顔を見せるようになってきた伍代の変化にも喜びの声がありましたよ。

それぞれの思いや葛藤などが明らかになってきたことで、ますます面白さが増してきていますね!

ドラマ「ナンバMG5」の結末考察と感想は、追記していきます。

 

まとめ

ドラマ「ナンバMG5」の最終回のあらすじと、結末をネタバレ考察してきました。

主人公・難破剛を演じる間宮祥太朗さんだけでなく、難破家のペット・松が注目を集めていますね!

最終回ではいったいどんな対決を見ることが出来るのでしょうか。

剛と伍代の関係がどうなっていくのかはもちろん、難破家の家族が剛の秘密を知ってしまうのかどうかも気になるポイントです。

ドラマに対する感想もまとめていますので、チェックしてくださいね。

以上、「ナンバMG5ドラマ最終回結末ネタバレあらすじ!考察と感想も!」と題してお届けしました。

ドラマ「ナンバMG5」の最終回のあらすじや結末、感想は追記していきます。

-ナンバMG5