わたしの幸せな結婚映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

わたしの幸せな結婚 ドラマ

わたしの幸せな結婚映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

Pocket

「わたしの幸せな結婚映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!」と題して、原作ネタバレとあわせて映画の違いを考察します!

映画「わたしの幸せな結婚」が実写映画化されることになり話題になっていますね。

今回は原作である同名の小説やコミックを参考にしながら、結末ネタバレとともにラストがどうなるのかを考察していきましょう。

原作ファンはもちろん、映画を楽しみにしている方も、ぜひチェックしてくださいね!

 

わたしの幸せな結婚映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

原作である「わたしの幸せな結婚」は、名家のお嬢様として生まれた斎森美世の物語です。

美世は家族からひどい扱いを受けていましたが、見合いに出されたことによりやがて、人として当たり前の幸せを手に入れていきます。

早速原作のあらすじをネタバレで見ていきましょう!

 

原作ネタバレ①

由緒ある異能の一家に生まれた斎森美世が幼い頃、母親が亡くなります。

その後、美世の父親・真一は昔の恋人・香乃子と再婚し、ふたりの間には香耶という女の子が生まれました。

異能の力量がない美世は、香乃子や香耶だけでなく真一からも疎まれ、使用人のような扱いを受けて育ちます。

ある時、姉妹に縁談の話がありました。

美世の味方をしてくれていた、幼馴染の辰石幸次を婿養子に迎え、香耶と結婚されるというのです。

ショックを受ける美世には、冷酷無慈悲と噂される久堂家への結婚が言い渡されました。

久堂家とは異能持ちの名家中の名家で、その当主を務める清霞は少佐を務めるエリートです。

端正な顔立ちの清霞から美世は、初対面で厳しい言葉を浴びせられますが、それを受け入れました。

清霞は美世の名家の出身とは思えない身なりや態度に、違和感を覚えます。

そして冷たい表情とは対照的に、だんだんと変わっていく清霞の態度に、美世は優しさを感じていきました。

しかし、同時に美世は自分が清霞の妻にふさわしくないと考えます。

清霞の親代わりでもある使用人・ゆり江の優しい人柄に安心しながら、美世は清霞の元で暮らし始めました。

美世の事を知りしっくりこない清霞は、美世の事情を調べ始めることにします。

 

原作ネタバレ②

辰石の当主で幸次の父親・実は、美世が異能の中でも特殊な人心に干渉する、薄刃家出身の血を引くと知り、久堂家から離すことを考えます。

実は、薄刃の血が欲しいだけでなく、久堂家に力を持たせたくないと思っていました。

ある時、美世はゆり江に化粧をしてもらい、嫁入り時に持たされた着物を着て清霞とデートに出かけます。

そこで、清霞の職場・対異特務小隊へ出向き、清霞の側近の五道と出会いました。

街に向かった2人は色々な店を見て回り、はしゃぐ美世に、清霞は好きなだけ楽しんでいいと優しい言葉をかけます。

久堂家が贔屓にしている呉服屋に彼女を連れて行き、清霞は美世に着物を買ってあげたいと考えていました。

清霞は、美世への気持ちに気付き、何でも言い合える仲になりたいと伝えます。

美世も、清霞と一緒にいたいと願い始めました。

その晩、清霞は美世に櫛を贈ると、初めて笑顔を見せ、清霞はそれを愛おしいと感じます。

斎森家を調査した結果、清霞は美世の境遇や彼女に異能がないことを知りました。

彼女が謎の多い薄刃の血を引くことも知ります。

 

原作ネタバレ③

 

わたしの幸せな結婚映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

斎森美世が久堂清霞との出会いにより、新たな人生を歩み始めます。

映画ではそんな2人がどんなラストを迎えるのか気になりますね!

原作とは違った点はあるのかという点や、結末を考察していきます。

 

映画結末考察!

映画の結末を考察していきます!

 

原作との違いは?

原作の世界観は、そのままにオリジナルのエピソードが描かれるのかもしれません。

 

まとめ

映画「わたしの幸せな結婚」を原作ネタバレと合わせて、結末ラストの違いを考察してきました。

「わたしの幸せな結婚」は原作コミックの世界観を継承したラブストーリーになるでしょう。

さらに、映画ではオリジナルの展開も織り込まれるはずですね。

また、どのエピソードが登場するのか、どんなラストになるのかも気になるポイントですよ。

結末はハッピーエンドとなり、美世の幸せな姿がみれるのでしょうか。

以上、「わたしの幸せな結婚映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!」でした。

-わたしの幸せな結婚, ドラマ