MINAMATA 映画キャスト相関図豪華一覧を 画像付きで紹介!

MINAMATA

MINAMATA映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!

Pocket

「MINAMATA映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!」と題してお届けしていきます。

映画「MINAMATA」が、2021年9月23日に全国で上映開始されます。

主演はジョニー・デップさんで、この映画の製作にも携わっています。

他にも、ビル・ナイさんや浅野忠信さんなど豪華キャスト陣が出演することがわかりました。

映画「MINAMATA」のキャストを画像一覧で確認できるように紹介してきます。

相関図も併せてチェックしておきましょう!

 

MINAMATA映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!

映画「MINAMATA」は、報道写真家のユージン・スミス氏とその妻アイリーン・美緒子・スミス氏が1900年代に日本を騒がせた病の惨状を目にし、真実を伝えていくという物語になっています。

ユージン・スミス氏さんに長年憧れを抱いていたジョニー・デップさんは、映画の力をフルに活用してこの歴史を語り継いでいかなければならないと語っています。

主人公ユージン・スミスの報道写真家として、日本の公害病に侵された惨状と向き合い闘いに身を投じていく生き様が見所です。

また、脇を固めるキャスト陣も日本だけでなく海外で活躍する実力派がそろっています。

それでは、気になる映画「MINAMATA」のキャストを紹介していきます!

 

ジョニー・デップ ユージン・スミス役

主人公ユージン・スミス役を演じるのは、ジョニー・デップさんです。

ユージン・スミスは報道写真家として日本の四台公害病でもある、この病の存在を世界に知らしめました。

この病はチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続いています。

ユージン・スミスは報道写真家として功績を評価されながらも、心に傷を抱えていました。

そんな時、当時の妻アイリーンとともに水俣を訪れ3年間現地で暮らし、この病の現状と患者家族に取材を行い、自分の閉ざしていた心を開くようになっていきます。

人々の日常や抗議運動、チッソ水俣工場に補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていきます。

そんな、歴史として語り継がなければならない一瞬一瞬を写真に収め、妻のアイリーンとの写真集「MINAMATA」が世界中で出版されました。

また、主人公演じるジョニー・デップさんはユージン・スミスに憧れを抱いており、出版した写真集「MINAMATA」をベースに自ら製作にも携わりました。

ユージン・スミスの生き様を体現するべく、容姿から内面までユージン・スミスになりきりました。

ジョニー・デップさんの、主人公に寄り添い、いまだ問題に残っているという現状を受け止めこの映画を通して、人々に考えさせる素晴らしい演技にとても注目ですね!

 

美波 アイリーン・美緒子・スミス役

主人公の妻、アイリーン・美緒子・スミス役を演じるのは美波さんです。

アイリーンは、米国人の父と日本人の母の間に生まれ、11歳まで東京で育ちました。

ニューヨークに渡り、仕事をしていた頃日本人と知り合いに、この病の現状について聞かされます。

その時、心を閉ざしていたユージン・スミスに「日本の企業が海に有害物質を流し続けている。あなたの力が必要だ」と話し、水俣での撮影を勧めます。

この一言で主人公ユージン・スミスはアイリーンと一緒に日本に飛び立ちこの現状を写真に収めていきます。

アイリーンの存在がなければ、ユージン・スミスはこの病について目を向けることもなかったのではないでしょうか。

この映画の中でも特に重要人物になる可能性がありますね!

現在でもアイリーンさんは、この病を多くの人に知ってもらうために講演を開いています。

社会問題を映画やご自身の経験を通して後世に伝えていく姿勢は尊敬しかありません。

そんなアイリーン役を演じる美波さんは、アイリーンさんと同じくハーフの方らしいです。

写真でも見る限り、本人さんと似ていますね。

ジョニー・デップさん演じるユージン・スミスとどのように絡んでいくのか、気になりますね。

 

ビル・ナイ 編集長役

主人公のユージンの友人であり、雑誌「LIFE」の編集長役を演じるのはビル・ナイさんです。

「LIFE」の編集長から、大ネタの取材をとりにいくように言われユージンは日本に向かい、この病の取材を始めます。

そこで、この病の現状を目にし写真に収め世界中にこの病について知ってもらう機会を得ます。

主人公を演じるジョニー・デップさんとも共演経験のあるビル・ナイさん。

今回は友人でもあり、仕事仲間の役でもあるので二人の会話もどんな感じになるのか楽しみですね。

 

國村隼 社長役

チッソ株式会社の社長を演じるのは、國村隼さんです。

チッソ株式会社は、1900年代に日本を騒がせた病の補償業務を専門とする日本の企業です。

チッソの水俣工場は、使用したメチル水銀を含んだ廃液を海に垂れ流し処理しそれが原因でこの病を引き起こしました。

また、この病を取材していたユージンに対し、企業側の多数派労組が暴行を起こし重傷を負わせました。

その、大きな社会問題を引き起こした会社の社長役を國村隼さんが演じます。

主人公ユージンがどのようにチッソ株式会社の社長に取材を申し込むのか、どんな展開が待っているのか見所の一つですね。

 

浅野忠信 父親役

この病によって目が見えず、話すことができない娘の父親役を演じるのが、浅野忠信さんです。

浅野忠信さんは今までも父親役を演じてきました。

今回の役は、娘のために社会問題と向き合い、夫婦でたたかっていく難しい役どころでもあります。

数々の作品に出演されている浅野忠信さんの父親役に注目です!

 

岩瀬晶子 母親役

この病の被害を受けた娘を持つ母親役を演じたのは、岩瀬晶子さんです。

浅野忠信さんの妻役であり、この病の被害を受けた娘の母親という重要な役どころもあります。

岩瀬晶子さんも母親役をこれまでに何回か演じてきました。

娘のために夫とともに社会に立ち向かっていく力強い母親が見られるかもしれませんね!

 

真田広之 リーダー役

チッソ株式会社にこの病の被害補償を求める活動をまとめているリーダー役を演じるのは、真田広之さんです。

主人公と力を合わせ、チッソ株式会社にたちむかっていく重要な役どころです。

映画「MINAMATA」と役に対しての情熱が伝わってきますね。

 

加瀬亮 メンバー役

チッソ株式会社に対してこの病による被害の補償を求める中心メンバーを演じるのが加瀬亮さんです。

真田広之さんと協力し補償運動を起こしていきます。

加瀬亮さんは、この映画ではスター性を消して熊本弁で演技しています。

役作りに対しての想いが伝わってきますね。

主人公たちとどうやってかかわっていくのか、注目していきましょう。

 

まとめ

「MINAMATA映画キャスト相関図の豪華一覧を画像付きで紹介!」と題してお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

映画「MINAMATA」に出演される豪華キャスト陣を画像と一緒に紹介しました!

主人公役のジョニー・デップさんはじめ、ビル・ナイさんや國村隼さんなど、実力派な豪華キャスト陣が出演されていましたね。

映画「MINAMATA」を観る前に、相関図を確認しておくことでより映画を楽しむことができるかもしれませんね!

-MINAMATA

© 2021 韓国アイドルの日常 Powered by AFFINGER5