Loudハルトはソウル芸術高校で中学は大学附属?学歴と偏差値も紹介!

LOUD

Loudハルトの中学高校どこ?学歴と偏差値も紹介!

Pocket

「Loudハルトの中学高校どこ?学歴と偏差値も紹介!」と題してお届けします。

韓国の人気オーディション番組「LOUD」で話題となった前田晴翔さんですが、その学歴にも注目が集まっているのをご存じでしょうか?

「カラシ高校」と呼ばれる韓国で有名な「ソウル公演芸術高校」進学や、中学校も大学付属だった?など、気になる噂がたくさん見つかりましたよ。

そこで、Loudハルトさんのこれまでの学歴、偏差値などを徹底調査していきたいと思います!

推しの背景も気になる!という方はぜひチェックしてくださいね。

 

Loudハルトはソウル芸術高校で中学は大学附属?

惜しくもデビューは逃してしまったハルトさんですが、引き続き注目している人がとても多いんですよね。

実は注目を集めた理由のひとつとして、実力はもちろんその学歴が明らかになった事も大きいと言われているんですよ。

ハルトさんは、幼少期はアメリカで過ごして小学生の頃に日本に戻ってきました。

一体どんな学生生活を送って来たのでしょうね。

中学校はどこへ入学したのか、有名と言われるカラシ高校とはどんなところなのか紹介していきます。

 

カラシ高校に在学?

まずはハルトさんが通う高校についてです。

韓国ではカラシ色の制服で有名なカラシ高校こと「ソウル芸術高等学校」に入学された事が分かり、これが話題になったんですよね!

なぜこのカラシ高校がここまで有名なのかと言うと、まず芸能人の多くが入学卒業していることが大きな理由になっています。

スキズのI.Nやヒョンジンを始めとした名だたる韓国アイドルがこのカラシ高校の先輩なんですよ。

ハルトさんが合格したと言われているのが、4つある学科の中で「実用舞踊科」です。

この科がなんと、受験者550人定員38名、つまり14.47倍という高倍率だったんです!

ちなみに日本だと宝塚音楽学校が高倍率として知られていますよね。

最新109期生の倍率が17.4倍だったので、ほぼ同じ程度の倍率であると言えます。

挑戦する勇気と見事に合格して掴んだ前田晴翔さん、すごいですね!

 

中学どこ?

ハルトは中学生の時ソウルにあるダンススタジオ『1million dance studio』に通うため6ヶ月ほど留学していました。

当時通っていた学校は立教大学付属の立教池袋中学校だったようです。

小学校から大学まで一貫教育を行っていて、高倍率な難関校ですね。

卒業生には政治に携わる人、日本の富豪ランキングにはいる社長や、アナウンサーなど多くの著名人がいます。

エスカレーター式で進学できる学校から受験し直してカラシ高校へ…という決断に驚く声も上がっているようですよ。

 

Loudハルト学歴と偏差値も紹介!

前田さんが競争率の高い学校を受験し、合格していることは皆さんもお分かり頂けたと思います。

現在の学歴は中学校卒業後、高校在学中となりますね。

エスカレーター式の附属中学へ通っていた事や高倍率の高校へ進学した事で、気になるのが偏差値です。

立教池袋中学校の偏差値はだいたい67〜68となっています。

一方、韓国の学校には日本のような入試制度がないため「偏差値」というもの自体がないんです。

カラシ高校は特殊なため入学するために試験がありますが、一般的な学業の成績のみで入れる学校ではないんです。

それでも、偏差値67〜68の実力は持ち合わせている事が分かりますね。

また中学受験の際は、ミュージカルの「ビリー・エリオット」のオーディションがあり、レッスンとの日々に忙しくされていたと思われます。

中学生のときに英検一級に合格されていていたことも分かっています。

学業を疎かにしない姿勢が素敵ですね。

 

まとめ

「Loudハルトの中学高校どこ?学歴と偏差値も紹介!」と題してお届けしてきましたが、いかがでしたか?

ハルトさんは容姿も勉強もダンスもなんでもパーフェクトな、ハイスペックな男性なんですね!

一番の魅力はご自身の夢を追いかける「努力」を惜しまない姿勢が、皆さんが応援したくなるところなんではないでしょうか?

Loudでは残念mな結果になってしまったものの、時には涙を流しながら一生懸命に挑んでいるハルトさんに夢を掴んでもらいたいですよね。

以上「Loudハルトはソウル芸術高校で中学は大学附属?学歴と偏差値も紹介!」でした!

-LOUD

© 2021 ベルーチェ Powered by AFFINGER5