彼女が好きなものは映画原作ネタバレ!結末ラストの違いは?

彼女が好きなものは

彼女が好きなものは映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

Pocket

「彼女好きなものは映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!」と題してお届けします。

映画「彼女が好きなものは」の原作は浅原ナオトさんの小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」で、2019年にはドラマ化もされていますよね。

描かれているのは『交わるはずのなかったふたりの純粋でいびつな恋模様』です。

交わるはずのなかったふたりとは誰なのか、どんな純粋な恋の物語なのか、原作を知らない方は劇場へ足を運ぶ前にチェックしてくださいね。

今回は、映画の結末ラストをネタバレ考察して行きたいと思います。

実写映画と原作との違いが気になる方も必見ですよ!

 

彼女が好きなものは映画結末ネタバレ!

映画「彼女が好きなものは」は、青春恋愛小説が映画化されたものです。

物語は、男子高校生の安藤純とクラスメイト三浦紗枝が、偶然で書店で会うところから始まりますよ。

紗枝は趣味のBL書籍を購入し、その現場に純がたまたま居合わせてしまいます。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,320 (2021/10/20 11:13:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

あらすじネタバレ①

BL書籍を買ったことを紗枝は必死で隠し、秘密にして欲しいと純に頼みました。

紗枝は、男子同士の恋愛フィクションを好んで読んでいたのです。

純は内緒にすることを了承しますが、紗枝に「どうして男性同士の恋愛が好きなのか」と質問しました。

紗枝は、「非日常だから」と答えました。

実は年上の既婚男性・誠とお付き合いしている純は、自分が男性が好きであることを、誰にも言えず秘密にしています。

その秘密は、純の悩みでありジレンマとして抱えながら日々を過ごしていくなかで、SNS上の相談相手ファーレンハイトに相談していました。

純は、ファーレンハイトには、胸の内を吐き出すことができたのです。

やがて紗枝と純は何度か会話する仲となり、その後紗枝から自分への想いを伝えられました。

紗枝は、純が同性が好きなこと、実際に付き合っている相手がいる事も何も知りません。

純は、紗枝の事をチャットでファーレンハイトに相談します。

ファーレンハイトは純に、異性を恋愛対象に見る事は出来ないなら断るのが“普通”であると答えました。

しかし、純は“普通”に憧れ続けていたのでした。

 

あらすじネタバレ②

普通に憧れる純が迷いを抱いた理由がもうひとつありました。

それは、親友の亮平が紗枝の事を好きだと聞かされていた事です。

複雑な気持ちになりながらも、“普通”の恋愛への憧れには勝てず紗枝と付き合うことにします。

お似合いのふたりは学校中からも公認のカップルとなり、ごく普通にお付き合いをスタートさせました。

はた目からみると順調な交際でしたが、紗枝との距離が近づけば近づくほど、純は自分が“普通”ではないことを思い知らされます。

一方、ファーレンハイトは恋人が病気で他界したものの、周囲から交際を反対されていたため葬儀にも参列できませんでした。

そこでファーレンハイトは、「もし自分が亡くなったら、恋人の墓に自分との思い出のQUEENのCDを供えて欲しい」と純に頼みます。

紗枝との関係に限界を感じていた純は、一緒に行った温泉旅行で家族を連れた誠と遭遇してしまうんです。

温泉に入りくつろいでいると、携帯にメッセージが届き、ファーレンハイトが恋人の後を追って自ら命を絶ったことを知ります。

ひどく動揺していて様子のおかしい純に気付いた誠は純をなだめます。

そのただならぬ光景を紗枝に見られてしまいました。

created by Rinker
エイベックストラックス
¥1,573 (2021/10/20 17:33:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

あらすじネタバレ③

純は、紗枝に自分は男性が好きだということ、そして誠とは恋人同士だということを告げます。

紗枝になぜ自分と付き合ったのか問い詰められ、“普通”の幸せを手にしたかったと答えました。

ふたりの会話を偶然聞いたクラスメイトの小野が、純に怒りをぶつけます。

翌日から「この学校に同性愛者がいる」という噂が広がってしまうんです。

紗枝や亮平は、いつも通りに接してくれるものの、あきらかに自分を見る周囲の視線が変わったことを純は感じます。

けしかける小野を亮平は止めますが、「お前は気持ち悪くないのか」と問われ、言葉に詰まりました。

そんな亮平を見て、純は「僕は疲れた」と言い残し、ベランダから飛び降りてしまいました。

一命をとりとめた純は、母親に自分の辛い思いを告げます。

紗枝や亮平は頻繁に見舞いに来てくれて、やがて純は元気を取り戻していきます。

 

彼女が好きなものは映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!

原作では、学校を休んでいた純が紗枝の描いた絵が終業式で表彰されると聞き、思い切って登校します。

コメントを求められた紗枝は、自分が男性同士の恋愛を題材とした作品を好んでいることを告白しました。

それだけにとどまらず、純との出会いや秘密を打ち明けられた話を続けます。

教師が紗枝の告白を止めに入りますが、それを見ていた生徒たちは一斉に教師を止めにはいりました。

茫然と見ていた純に、小野が「ケリをつけろ!男だろうが!」と叫びます。

生徒たちは純を後押しするような歓声をあげ、純は勢いよく壇上にあがり、紗枝を抱きしめました。

 

原作結末①

純は、ファーレンハイトとの約束を果たすため、紗枝と一緒にファーレンハイトの家を訪ねました。

両親は息子が同性愛者であることを受け入れられずに、責めていたのです。

しかし自ら命を絶ったことにより、息子を苦しめていたことを後悔していました。

この時ファーレンハイトは中学生だったことを知ります。

やがて純は、大阪の高校へ転校することになりました。

純は、紗枝や亮平、誠に別れを告げます。

転校先に登校する前日、純は紗枝に新たにブログを始めることを報告します。

自分がファーレンハイトと出会えたことに意味があると思えたからでした。

そして純は、秘密を隠さずどこにでもいる高校生のブログを書くことを決めます。

そして転校先の学校に初登校の日、純はある自己紹介をしようと決めていました。

教室の前にたち胸を張り挨拶すると、教室からは大きな声が聞こえました。

 

原作結末②

純がなぜ“普通”にこだわっていたのでしょうか。

純は、将来家族を持ち、自分の母親を安心させたいという願いがありました。

父親のいない純を、女手一つで育ててくれた母親への親孝行の思いが強かったのです。

また、自分自身を気持ち悪く思いたくないと強く思っていました。

映画では、世間が思う“普通”と、純が思う“普通”、性的少数者が思う“普通”についてがテーマとなるのではないでしょうか。

ファーレンハイトの死から、純や紗枝の中にある“普通”という概念を破ります。

男性同士の恋愛の書籍を購入したのを、必死で隠した紗枝でしたが、全校生徒の前で告白しましたよね。

また、純も新しい転校先で、包み隠さず本当の自分を紹介します。

映画の結末も、原作と変わらずに、“普通”という概念を破り、ありのままの自分を出していくのではと考察します。

 

映画結末ラストの違いは?

原作では、壁を乗り越えた純の成長や、自由に生きていくことを決意した様が描かれていました。

カップルができたり結婚するなど分かりやすい結末ではないものの、ハッピーエンドだと受け取る事ができるラストですよね。

映画も原作を壊すことなく、忠実に再現されたラストになっているのではないでしょうか。

特にファンが多い体育館の壇上スピーチなど、映画館の大きなスクリーンで見られたらうれしいですよね。

大きなテーマとしての「純粋な恋愛」を決して否定したり大きく逸れる事なく、原作ファンにとっても納得のいく結末になっていると予想します。

 

まとめ

「彼女が好きなものは映画結末ネタバレ!原作との違いラスト考察!」と題してお届けしてまいりました。

映画「彼女が好きなものは」の原作あらすじとラストのネタバレ、また、原作と映画の結末の違いも考察してみましたよ。

ジェンダーレスの時代になって来たと言われる昨今ですが、まだまだ理解されていない事もたくさんあります。

映画の結末は原作と大きく変わらず、純は従来の“普通”という概念を取っ払い、自分らしいという意味での“普通”に生活していくのではないでしょうか。

映画の結末は追記していきます!

-彼女が好きなものは

© 2021 ベルーチェ Powered by AFFINGER5