神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想と考察も

神の雫

神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想と考察も

Pocket

「神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想と考察も」と題して、お届けします!

山下智久さん出演で話題のドラマ「Drops of God/神の雫」1話~最終回8話までのあらすじをネタバレ考察しますよ。

2022年ドラマ版「神の雫」では、天才ワイン評論家・遠峰一青(山下智久さん)とフランス人女性のカミーユ(フルール・ジェフリエさん)の物語に設定が変わっています。

そのためあらすじの違いが気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、元の話や過去のドラマ版のあらすじを元に考察して行きますよ。

楽しみ、面白そう、つまらなそうといった感想も集めましたのでチェックしてくださいね!

 

神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ考察!

2022年ドラマ版「Drops of God/神の雫」ではもともと日本人男性で描かれていた人物が、フランス人女性に変わっていることが注目ポイントです。

日本だけでなく世界が舞台となることにも期待が膨らみますね。

では、期待のドラマ「神の雫」のあらすじを見ていきましょう!

 

1話あらすじネタバレ

世界的に有名なワイン学の権威であるアレクサンドル・ジェルが、東京の自宅で息を引き取ります。

アレクサンドルが保有していた世界一と言われる膨大なワインコレクションを相続するため、娘のカミーユにはある条件が付けられていました。

その条件とは若いワイン評論家・遠峯一青との対決に勝つことでした。

さらにアレクサンドルの遺書に記された「一青は”魂の息子”」というひと言が示す、アレクサンドルと一青の関係とは…!?

 

2話あらすじネタバレ

カミーユは一青と連絡を取ろうと試みますが、一青は仕事で多忙なため、なかなか連絡が取れずにいました。

ある日、アレクサンドルの訃報を知った一青が、カミーユを訪ねてきたのです。

そこで父の遺言について明かしたカミーユは、一青に対決を申し込みました。

しかし、一青はカミーユに「ワインについての知識をしっかり得てからでなけでば、対決は出来ない」と答えるのです。

実はこの返答は、生前のアレクサンドルから頼まれていた内容でした。

アレクサンドルが一青に託した言葉には、どんな思いが込められているのでしょうか。

 

3話あらすじネタバレ

一青にワインの知識を得るように言われたカミーユでしたが、ワインを好んで飲んでいたため、そんなに大変なことではないと考えていました。

実際にワインについて調べてみると、飲むだけでは分からないことが数多くあることを知りました。

世界一のコレクションを相続することがどれほどの事か実感したカミーユは、ワインについての勉強を始めたのでした。

しかし、どんなに勉強しても、相手となるワイン評論家の一青の知識には、なかなか追いつけないのが現実です。

そこでカミーユは知識の勉強だけでなく、ワイン製造の現場などを見ようと思い立ちました。

 

4話あらすじネタバレ

カミーユは日本のワイン製造だけでなく、世界のワインの名産地をめぐるため、出身地のフランスへ向かいました。

一方の一青はカミーユの側近から状況を聞き、どんな行動をしているのか把握していました。

それはアレクサンドルが望む方向で知識を増やして欲しいという、一青なりの気遣いだったのです。

そして、一青はカミーユを追って、フランスへ旅立ちました。

 

5話あらすじネタバレ

 

 

6話あらすじネタバレ

 

 

7話あらすじネタバレ

 

8話あらすじネタバレ

 

 

 

神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想も!

 

 

 

感想は?

 

「神の雫」最終回後、感想は追記します!

 

まとめ

 

「神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想と考察も」と題してお届けしました。

-神の雫

© 2021 ベルーチェ Powered by AFFINGER5