神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想と考察も

神の雫

神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想と考察も

Pocket

「神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想と考察も」と題して、お届けします!

山下智久さん出演で話題のドラマ「Drops of God/神の雫」1話~最終回8話までのあらすじをネタバレ考察しますよ。

2022年ドラマ版「神の雫」では、天才ワイン評論家・遠峰一青(山下智久さん)とフランス人女性のカミーユ(フルール・ジェフリエさん)の物語に設定が変わっています。

そのため、あらすじの違いが気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は元の話や過去のドラマ版のあらすじを元に、考察して行きますよ。

楽しみ、面白そう、つまらなそうといった感想も集めましたのでチェックしてくださいね!

 

神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ考察!

「神の雫」はもともと神崎雫という男性の物語です。

2022年ドラマ版「Drops of God/神の雫」では、その神崎雫がフランス人女性・カミーユに変わっていることが大きな違いのひとつです。

名家の跡取り息子として生まれ、生きて来た遠峰一青(山下智久さん)がワインと出会った事で大きく運命を変えて行く物語になっていますよ。

日本だけでなく、世界が舞台となることにも期待が膨らみますね。

では、期待のドラマ「Drops of God/神の雫」のあらすじを元の「神の雫」を元に見ていきましょう!

 

1話あらすじネタバレ

世界的に有名なワイン学の権威であるアレクサンドル・ジェルが、東京の自宅で息を引き取ります。

アレクサンドルが保有していた世界一と言われる膨大なワインコレクションを相続するため、娘のカミーユにはある条件が付けられていました。

その条件とは若いワイン評論家・遠峯一青(山下智久さん)との対決に勝つことでした。

さらにアレクサンドルの遺書に記された「一青は”魂の息子”」というひと言が示す、アレクサンドルと一青の関係が気になる展開です。

1話ではアレクサンドルの遺言が話の中心になるでしょう。

「神の雫」1話終了後、追記します!

 

2話あらすじネタバレ

カミーユは一青と連絡を取ろうと試みますが、一青は仕事で多忙なため、なかなか連絡が取れずにいました。

ある日、アレクサンドルの訃報を知った一青が、カミーユを訪ねてきたのです。

そこで父の遺言について明かしたカミーユは、一青に対決を申し込みました。

しかし、一青はカミーユに「ワインについての知識をしっかり得てからでなけでば、対決は出来ない」と答えるのです。

実はこの返答は、生前のアレクサンドルから頼まれていた内容でした。

アレクサンドルが一青に託した言葉には、どんな思いが込められているのでしょうか。

2話では一青とカミーユの対面と、一青がアレクサンドルから頼まれていた内容が明らかになるのではないでしょうか。

「神の雫」2話終了後、追記します!

 

3話あらすじネタバレ

一青にワインの知識を得るように言われたカミーユでしたが、ワインを好んで飲んでいたため、そんなに大変なことではないと考えていました。

実際にワインについて調べてみると、飲むだけでは分からないことが数多くあることを知りました。

世界一のコレクションを相続することがどれほどの事か実感したカミーユは、ワインについての勉強を始めたのでした。

しかし、どんなに勉強しても、相手となるワイン評論家の一青の知識には、なかなか追いつけないのが現実です。

そこでカミーユは知識の勉強だけでなく、ワイン製造の現場などを見ようと思い立ちました。

3話の中心になるのは、カミーユがワインの知識を得るための試行錯誤の様子でしょう。

「神の雫」3話終了後、追記します!

 

4話あらすじネタバレ

カミーユは日本のワイン製造だけでなく、世界のワインの名産地をめぐるため、出身地のフランスへ向かいました。

一方の一青はカミーユの関係者から状況を聞き、どんな行動をしているのか把握していました。

それはアレクサンドルが望んでいた方向に知識を増やして欲しいという、一青なりの気遣いだったのです。

そして、一青はカミーユを追って、フランスへ旅立ちました。

4話ではカミーユの決断とともに、一青が抱く思いが明らかになると思います。

「神の雫」4話終了後、追記します!

 

5話あらすじネタバレ

フランスに到着したカミーユはワインに関する書籍を読み、どこを訪れようか考えていました。

そんなカミーユの前に一青が現れ、2人は一緒にワインの産地を巡ることにします。

一緒に巡るとはいえ一青が何か教える訳ではなく、あくまでもカミーユが自力で知識を増やすことが前提でした。

何も教えてもらえないカミーユでしたが、一青がワイン生産者やブドウ農家と話す内容を聞いて、ワインの奥深さを知っていきます。

そして、一青があえて何も教えないということにも気付いていきました。

5話では一青の姿からカミーユが学んでいく様子が中心となるでしょう。

「神の雫」5話終了後、追記します!

created by Rinker
¥2,970 (2022/07/05 14:46:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

6話あらすじネタバレ

カミーユは訪れた先で一青が話していることを聞き、ワインを知るには知識だけではダメだと理解しました。

実際にブドウ農家やワイン生産者と話さなければ分からないことが多く、それこそがワインを知るために必要な情報だったのです。

一青は一緒に巡ることで、カミーユがワインを知るために必要なことに気付くはずだと思っていました。

そして、一青の思っていた通り、カミーユは一青が教えたかったことに気付き、ワインの知識を増やす方法も見つけていきます。

6話ではワインの知識を増やしていくカミーユの奮闘する姿が描かれるのではないでしょうか。

「神の雫」6話終了後、追記します!

 

7話あらすじネタバレ

ワインの産地を巡った一青とカミーユはアレクサンドルの遺言である対決で再会を誓い、それぞれの目的地へ向かいました。

カミーユはさらに知識を増やすために知人のワインソムリエを訪ね、ワインのテイスティングの方法や味の違い、産地ごとの特徴などを学びました。

その後、カミーユは一青との対決に備えて、ワインを試飲する日々を送ったのでした。

一方、一青はなかなか行けなかったフランスのあるワイナリーを訪れました。

そこにはアレクサンドルに託された、あるワインが保管されていたのです。

7話ではカミーユが学ぶ様子とともに、一青が託されていたことも明らかになるでしょう。

「神の雫」7話終了後、追記します!

 

8話あらすじネタバレ

アレクサンドルの遺言だった一青とカミーユの対決が始まります。

カミーユのワインに関する知識は驚くほど増えていて、一青と互角の戦いを繰り広げていきました。

果たして、対決の結果はどうなるのでしょうか?

そして、アレクサンドルの残した「一青は”魂の息子”」という言葉の真意も最終回で分かるはずです。

最終回8話では、一青とカミーユの対決結果とともにアレクサンドルの残した言葉の真意が明らかになるのでしょう。

「神の雫」最終回8話終了後、追記します!

created by Rinker
¥20,064 (2022/07/05 14:46:09時点 楽天市場調べ-詳細)

 

神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想も!

ドラマ「神の雫」がワイン評論家の一青とカミーユの対決がどうなるのかが注目ポイントになります。

どんな感想があがっているのか見ていきましょう。

 

感想は?

ドラマ制作発表の直後から、楽しみだという声が多くあがっています。

すでに一青のイメージを考えている人もいるようですね。

公式SNSで情報発信されていることが、さらに期待を高める要因となっているのかもしれません。

感想は「神の雫」最終回後に追記します!

 

まとめ

ドラマ「神の雫」のネタバレとともに、各回の考察をしてみました。

ワイン評論家・一青とワインコレクターの娘・カミーユが、どんな話を繰り広げていくのか気になりますね。

すでにスタートが待ちきれない人が多くいることも分かりました。

実際にドラマがスタートした後には、どんな感想が聞けるのでしょうか。

以上、「神の雫2022ドラマ1話〜最終回ネタバレ!感想と考察も」と題してお届けしました。

-神の雫